日本人の心を揺さぶる地場ご当地米、ふるさと納税の返礼品「白米」のおすすめを紹介

ふるさと納税では、普段は流通にのらないような「ご当地米」に出会えることが嬉しいところです。

量産はできないけれど除草や乾燥を人手で行っているこだわり産地もあったり、集積混合米(近隣農家さんの米を集めて一括で製品化するブレンド米のこと)が安価でお得なお米袋が返礼されたりなどあります。

お好みでお選びください。それでは個性的な数々の返礼品をご紹介していきます。おすすめ一覧も是非ご覧ください。

この記事の最後には当サイトが選びぬいたイチオシ返礼品一覧を掲載しております。ぜひ最後までご覧ください。

「白米」の特徴

通常「白米」とは籾殻(もみがら)と胚芽(胚芽)部分を落とした10分つきの完全精米のことを言います。ちなみに胚芽米や玄米だと7分つきくらいから、5分つき、3分つきなどが多く流通しています。お近くにコイン精米機があれば、玄米を取り寄せて好きな分だけ白米にして食べ比べても面白いでしょう。

種類別としては「うるち米」と「もち米」がありますが最近の品種改良うるち米なのに、粘りけと味わいがもち米よりのご飯の味がするこくみのあるお米も多くなりました。

「白米」を返礼品としてもらえる寄付金相場

寄付金最低金額は5,000円からありますが、相場は10,000円~20,000円前後が多いようです。返礼品額では、こだわりの「あいがも農法米(田んぼの草や害虫を鴨に食べてもらう無農薬栽培)」は5,000円で2kg、同じ価格帯では4~5kgのお得な返礼品までありますからお手軽に気になる地域のお米を取り寄せてみるのもいいでしょう。または、大容量20kg 60kg、小分けで楽しむならば定期便にて精米したてのお米を受け取れます。

優しい甘みで保存が効き何にでも使えて便利、ふるさと納税の返礼品「蜂蜜」のおすすめを紹介 ふるさと納税で大人気の「ご飯のお供」をお得にゲットしよう ふるさと納税のワンストップ特例が正しく受付されているかの確認方法

ふるさと納税でおすすめの「白米」を一部紹介

おすすめしたいのは希少産地ものの限定米、推奨品種等のお米です。産出、出荷数が少量ではあるものの、無農薬、減農薬有機栽培された力のあるお米はきっと味噌汁やおかずとの相性も抜群です。是非この機会に返礼品として受け取ってみられてはいかがでしょうか。

今回は3産地の白米を一例としてご紹介します。

たにぐちの「あいがも米」20kg(5kg×4袋)兵庫県新温泉町

寄付金額は50,000円で還元率はおよそ42%です。

「自然から頂いて、また自然に還る農業を」とのスローガンのもとに、あいがも農法による自然循環農法を実践する新温泉町産の特別栽培米です。生態系のサイクルを壊さない、化学肥料も除草剤も使わない耕作は手間隙とあいがもの仕事の賜物です。ご希望の方には玄米のままでの出荷も承っています。

【定期便発送】岡山県推奨品種「ひのひかり60kg(10kg・6回)」岡山県笠岡市

寄付金額は84,000円で還元率はおよそ74%です。

岡山県笠岡市の山口地区は、安部山から流れ出る清流を引き込んで栽培されているお米です。嬉しいのは大容量の60kgという満足度、74.9%という高還元率も魅力です。特に指定がなければ(10kg×隔月・6回)で順次発送の定期便も可能です。もちろん玄米をそのままご希望されることも可能です。

新潟県岩船産「こしひかり5kg・1袋」新潟県関川村

寄付金額は10,000円で還元率はおよそ36%です。

新潟県関川村は国鉄時代のディーゼル車両キハが現役で疾走る山あいののどかな村です。村に流れる荒川のきれいな水で育てられた「こしひかり」は村の名産でもある素朴な梅干しや味噌漬けにもよく合います。ちなみに刈り取った藁は関川村の「大したもんじゃ祭り」の大蛇(世界最大の藁で作られら蛇としてギネス認定)に使われます。

寒冷地の「白米」は美味しいのか?

稲作にとって寒いところよりも暖かい地域の方が成長も穂を垂れるのも早いことは確かです。早稲品種では2期作も冬がない地域は可能です。では寒冷地の米どころはないのか?と言えば逆に多かったりします。新潟魚沼「コシヒカリ」や秋田県「あきたこまち」は日本海の豪雪地帯産です。

その秘密は繰り返しの品種改良で、強い寒冷地仕様の稲を作り出してきたからにほかなりません。現在でも常に低温地下水を流しながら冷温での負荷栽培が行われています。磨かれた北の白米も是非チェックして下さい。

おすすめの「白米」一覧

炊き上がったご飯が冷めても美味しいといわれる「あきたこまち」や「ひとめぼれ」のような粘りけと味わいがある、うるち米も多くなりました。そして「日本晴れ」や「ササニシキ」などお茶漬けやお寿司に向いたさっぱりしたお米の品種もあります。用途に合わせて選んで下さい。