寄附金1万円から貰える!ふるさと納税のオススメ返礼品「玄米」を紹介

返礼品の玄米の産地別で見ると、北は北海道の新品種「ゆめぴりか」東北上信越が主力産地である「コシヒカリ」南は九州佐賀県の「ヒノヒカリ」まで全国の米産地のラインナップが並んでいるので食べ比べもよいかもしれません。

もうひとつの特色は自然栽培無農薬、低農薬栽培が多い点です。低農薬は収穫まで2/1回~3回以下の農薬散布(又は葉を枯らす菌が異常発生したときの殺菌剤散布も含む)を施したものを言います。有機栽培は堆肥、魚紛、貝殻粉などの自然肥料を撒いて収穫されたお米を差します。

保存も効く玄米は、ふるさと納税で選ぶには最適な返礼品の一つだと言えるでしょう。ここではおすすめ返礼品の一覧も掲載しています。ぜひ玄米をゲットして楽しんでくださいね!

この記事の最後には当サイトが選びぬいたイチオシ返礼品一覧を掲載しております。ぜひ最後までご覧ください。

玄米の特徴

精米した白米と玄米の違いと言えば、「精米の度合い」の違いです。脱穀して籾殻を落としただけでも「玄米」ですが最近は炊飯しやすいように、もう少しだけ精米をかけたような褐色の玄米もあるようです。ちなみに「胚芽米」とついているのはその名の通り胚芽部を脱穀せずに残してあるお米を差します。玄米のよいところは繊維質とビタミンB群、鉄分などミネラル分が含まれていることです。また簡単に糊化しませんのでよく噛むことで食事の満足感がでますので糖質制限やダイエットサポートに一役買うことが重宝されています。

玄米の寄附金相場

ふるさと納税の一口分の寄付金額は7000円~30000円位の価格帯が多いようですが、寄付額に応じ10kg、30kg袋と返礼品のボリュームをアップして貰える自治体もあるようです。同額でたくさんの分量を貰いたいのならば、九州地方で比較的量産されている早稲品種や2毛作可能な極早稲品種の返礼品を狙ってください。又はデビューしたての新品種もPRを兼ねているのでたっぷり量でお得ですよ。

風味豊かな地場のナチュラルチーズがおすすめ、ふるさと納税の返礼品「チーズ」をご紹介 有名プレミア焼酎から地元の地酒まで、ふるさと納税の返礼品「焼酎」のおすすめを紹介 ふるさと納税で返礼品は高還元率を選ぶのもおすすめです

ふるさと納税でおすすめの産直玄米を一部ご紹介

お手頃な返礼品玄米をご飯好きの皆様にご紹介いたします。通販の流通価格の相場よりお得な商品を還元率パーセンテージで表記いたしましたのでご参考にしてください。

2019年産新米「はえぬき玄米」10kg 山形県寒河江産

羽黒連山の伏流水で育てられた「はえぬき」は寒さに強いだけではなく味覚ランクでも特Aの評価を出し続けている山形のふるさと米です。10.000円の寄付金で10kg1袋が返礼されます。流通では5000円相当、還元率はなんと半額分50%です。

【30年産】金のいぶき 5kg(1kg×5袋)

秋田県横手市の栄養満点玄米と銘打った玄米は一口10.000円で5kgの玄米が届きます。胚芽付きで通常の白米モードで炊飯可能。(ふるさと納税専用品ですが相場3800円前後、40%弱の還元率)

新潟「明日からはじめる酵素玄米生活7日間スタートパック」

新潟県阿賀野市の事業者が販売している冷凍食品の商品。玄米を圧力鍋で炊き3日間保温して発酵させた冷凍おにぎりです。独特の風味がありますが栄養吸収が効率が良いとかでモデルさんがよく愛用しているようです。寄付額10000円で2998円相当なので、還元率は約30%です

玄米が気に入ったなら定期便がおすすめ

寄付額が95.000円で年5回(偶数月)に15kgの玄米が届きます。品質管理され貯蔵されているフレッシュ玄米が定期で届くのは、食味を損なわず年間を通じて美味しい玄米がいただけてお得です。

おすすめ玄米一覧

普段流通には乗らない希少な産直米が手にはいるのも、ふるさと納税ならではかと思います。そんな楽しみで選ぶのもよいかもしれません。