香川だけではありません、ご当地うどんが目白押しの「うどん」返礼品

ふるさと納税の返礼品には、ご当地名産品のさまざまなうどんがあります。

コシを楽しむならば断然冷凍麺ですが、柔らかさやすき鍋焼きなど煮込みならば冷蔵麺が味がよく馴染みます。乾麺も備蓄用としても活躍しますので、即席麺などと同様にまとめて申し込むのも一つです。

この記事の最後には当サイトが選びぬいたイチオシ返礼品一覧を掲載しております。ぜひ最後までご覧ください。

各地のご当地うどんの特徴

地方には様々な食され方をしてきたうどんがあります。

例えば『伊勢うどん』はとても太く丸く、限界まで湯がいたもこもことした柔らかいうどんです。

宮城県白石市『白石うーめん』は手のひらサイズでとても短く、うどんとも素麺ともつかない乾麺があります。

尾張名古屋の『きしめん』は平たい太い麺で冷麺でも暖かくしても食べごたえあるどっしりうどんです。

そうなのです、香川だけがうどん県ではありません。

うどんを返礼品としてもらえる寄付金相場

3,000円~70,000円台まで広い価格帯です。単品や詰め合わせのほか、定期便での野菜や調味料とセット品にうどんが盛り込まれている返礼品もあるようです。

本場の地酒がお手軽に手に入る!ふるさと納税の返礼品「日本酒」のおすすめを紹介 なかなか行けないあのお店にも、ふるさと納税でお得に「食事券」をゲット! ふるさと納税で返礼品は高還元率を選ぶのもおすすめです

ふるさと納税でおすすめの『うどん』を一部紹介

ご当地うどんとして有名な『稲庭うどん』は薄い平麺でだし汁とよくからみます。うどんと土佐がつおという黄金の組み合わせは、四国の『讃岐うどん』が定番です。また機械打ちと手打ち麺のコシの違いも吟味しておくポイントです。原料の小麦粉も国産でこだわったご当地麺などもあるので産地にもご注目ください。

【たっぷり1kg】極味うどん稲庭 秋田県横手市

横手盆地は寒暖差が大きいこともあり、稲庭うどんを風干しするときりりと引き締まったうどんができるのだとか。

稲庭うどんに使われる小麦は北海道産、福岡産という国産小麦にこだわったうどんです。手作り作業のため麺の太さにも、ばらつきがあります。

ふるさと納税寄付金額18,000円です。ブランド品だけあって少々還元率は低めですが、この機会にご当地うどんをぜひご賞味ください。

【本場四国 香川のうどん】あさひうどん詰め合わせ(72人前) 香川県観音寺市

すべての行程を手作業で行う、うどんの本場香川県の手間隙のかかったうどんです。

たっぷり大容量なので季節を通じて様々な食材と合わせてお楽しみください。太口、細口、冷や麦がそれぞれ8袋づつ届けられます。

  • 太口/乾麺(1袋3人前)×8袋
  • 細口/乾麺(1袋3人前)×8袋
  • 冷麦/乾麺(1袋3人前)×8袋
  • 製造地:香川県観音寺市

ふるさと納税寄付金額は11,000円とお手頃なので、おすすめです。

【さとふるで郷土料理体験】津山ホルモンうどんセット 岡山県美咲町

畜産業が盛んな町の「うどん+ホルモンの具」というこってり派のうどんがお好みの方に注目いただきたい返礼品です。

意外なうどんに出会える美咲町、のどかな美咲町の風景に在りし日の片上鉄道車両が見学できる「片山鉄道保存会吉ヶ原駅」の売店でもうどんが売っているようです。

ふるさと納税寄付金額10,000円で、還元率は40%とお得な返礼品です。

うどんの美味しい季節といえば冬

初冬の時期は鍋物のしめにうどんが美味しいですよね。又はすき焼きにうどん玉を添えるのも定番ですが、これら煮込むことで具材の味を吸い込むうどんは格別です。

このようなときは「鍋物用うどん」が活躍します。長時間煮込んでも歯応えがしっかりしているのは、少な目の水でコシが出るまでしっかり捏ねてあるからなのです。

イチオシのおすすめ『うどん』返礼品一覧

うどんも冷凍、冷蔵、乾麺、即席麺と多種です。災害時ごはんやパンと共に、うどんも一緒に非常食としてストックしておくのも一つです。