東北から海の幸をお届け!ふるさと納税の返礼品「ホタテ」をご紹介

ホタテの特徴 

ホタテは、水深10~30mほどの海底の砂に生息している貝です。貝柱がおいしいという特徴で知られています。合わさる二枚の貝は一見同じに見えますが、右のほうが大きく膨らんでいるのは、意外と知られていない特徴です。保存方法は冷凍が適しています。手順として、まず貝から貝柱を切り離します。続いて中腸腺という黒い部分などを取り除きます。後はラップに包んで冷凍庫に入れるだけです。冷蔵庫で半日以上放置しておけば、解凍の際に旨みを逃がさずに済みます。ぜひ試してみるとよいでしょう。 

ホタテの旬な時期 

一例として、青森産ホタテは、5月〜8月は貝柱が大きくなります。また、12月〜3月に卵が発達することも知られています。そのため、これらの2つの期間がホタテの旬といえます。したがって、5月~8月頃と、12月から3月の期間に、ふるさと納税の返礼品としてチェックするのがおすすめです。ちなみに、養殖ホタテは1年を通して食べられるので、時期を問わずに返礼品として楽しめます。 

ホタテの産地 

北海道オホーツク産は、自然の砂地という水質が良い環境で育つことから、鮮度が高いという特徴があります。一方、北海道噴火湾産は、吊るして養殖することから砂が含まれておらず、身全体が食べられるのが特徴的です。そのほか、青森県産は、大きくなる前に水揚げされる点がほかのホタテと異なります。その特徴を活かして、ベビーホタテとして販売されるのが一般的です。 

ホタテの寄附金相場 

ジャンボほたての醤油漬けやホタテのステーキ、泳ぐホタテなどが、10000円~20000円の寄付金相場に対応しています。ホタテの食品形式によって寄付金額が異なる傾向です。カニなどとセットになっている返礼品は50,000円ほどの寄附金額になってます。 

ふるさと納税でおすすめのホタテを一部紹介

 ここからは、ふるさと納税の返礼品としておすすめしたいホタテ商品を厳選してご紹介していきます。 

特盛たっぷりお刺身用ホタテ貝柱 2kg 

2kgというボリュームが魅力的なお刺身用のホタテ貝柱です。北海道にある稚内の栄養豊富な海で育てられたホタテを使用しています。活きたまま急速冷凍されたホタテは鮮度抜群です。高級料亭でも使われている実績のあるホタテなので、本格的な味を堪能したい人におすすめできます。 

オホーツク産ホタテ玉冷大(1kg) 

厳選された大粒のオホーツク産ホタテです。4年間にわたって水温の低い荒波で育ったホタテであるため、旨みがたっぷり凝縮されています。お刺身やバター焼き、マリネなど食べ方がさまざまな点も魅力的です。還元率は約36%になっています。 

刺身用ボタンエビ大サイズ500g + 刺身用ホタテ200gセット 

稚内の栄養豊富な海で育ったホタテは、一噛みすればプリッとした食感が訪れるとともに、濃厚な旨みが口の中を広がっていきます。刺身やバター焼きとして食すのがおすすめです。ホタテ以外にボタンエビがセットになっている点も見過ごせないポイント。