普段のレシピに使い勝手はナンバーワン、ふるさと納税の返礼品「豚肉」のおすすめを紹介

ふるさと納税では、部位ごとの商品セレクトがあるので、脂がのっている厚切りロースがよいか、赤身が締まった煮込み用肩ロースがよいのか肉質のおこのみを選ぶといいでしょう。

用途別でしゃぶしゃぶ用やしょうが焼き用、ブロック肉などスライスの形状も豊富です。他、味付けしてある商品、銘品の地場産地もの味噌での漬け込み焼き肉用豚肉なども合わせてご覧いただきたいところです。

それではふるさと納税の豚肉をご紹介していきます。

この記事の最後には当サイトが選びぬいたイチオシ返礼品一覧を掲載しております。ぜひ最後までご覧ください。

美味しい豚肉の特徴

調理の用途によりご希望の味わいは違ってくるかと思いますが、標準的としては柔らかい肉質、独特の臭みがない程よい桜色の赤身が好まれています。豚カツなどで赤身と脂の割合が程よいロースものがソースと絡みが好相性という方もおられるかもしれません。家風ラーメンを作りたいのであれば背脂の脂身多めを選択されればよいでしょう。

最近、返礼品で脂身真っ白の廃棄肉ではという豚肉が届いたという苦情があがっていました、肉豚は選べないとはいえ脂身だけが届くのもやはりお世辞は言えないものです。よく確認の上お申し込みください。

「豚肉」を返礼品としてもらえる寄付金相場

寄付金相場は5.000円から30.000円未満が多いようです。内容量で言えば部位によりグラム差がでますが、最低でも1kgは貰えます。ただし、スペアリブのような骨付き肉だと骨の分量も込みで計上されていますのでよくご確認の上申し込んでください。

単品だけでなく、詰め合わせ商品、加工商品も人気です。詰め合わせも10.000円台からあり部位ごとにパックされて3―5種類詰めてありますのでこちらもお得な返礼品になっています。

    海の宝石、子どもも大好き、珠玉のふるさと納税の返礼品「イクラ」のおすすめを紹介 ふるさと納税で返礼品は高還元率を選ぶのもおすすめです

ふるさと納税でおすすめの「豚肉」を一部紹介

例えば、豚肉(便利な小分けパック)で見ていくと、厚切りから冷しゃぶ薄スライス商品など用途に応じたラインナップも豊富です。オススメはご当地ブランド豚はもちろん餌を吟味した特別飼育豚や、容量多めの大型精肉工場から出荷される商品などがあります。町興しの産業返礼品もふるさと応援として注文してみるのも良いかもしれません。

【宮崎県 都城市産】「おさつポーク」「南国スイート」ロース・バラ 2.5kgセット

寄付金額19,000円、還元率は27%以上。

配合飼料に名産のさつまいもを与えた、都城産ブランドポークを人気の部位で食べ比べてみてください。

都城産「おさつポーク」
・ローススライス 250g×2
・ロース焼肉用 250g
・バラスライス 250g×2
・バラ焼肉用 250g

都城産「南国スイート」
・ローススライス 250g
・ロース焼肉用 250g
・バラスライス 250g
・バラ焼肉用 250g

特別配合飼料「きなこ豚 しゃぶしゃぶお楽しみセット1.8kg」宮崎県都城市

寄付金額17,000円、還元率36%以上

栄養価の高い大豆飼料「きなこ」を配合した飼料で育てた、おいしい「きなこ豚肉」は薄いスライスの豚しゃぶしゃぶでどうぞ。その訳は脂身の甘味のほどよさをシンプルな味付けで楽しんでほしいという願いからです。

  • バラしゃぶしゃぶ肉用 300g×2P
  • ロースしゃぶしゃぶ肉用 300g×2P
  • 小間切れ 300g×1P

【小分けセット】霧島湧水肥育、都城産「大万吉豚」約3.8kgセット(宮崎県都城市)

寄付金額15,000円、還元率43%以上。

こちらの特別飼料は霧島連峰の岩盤より湧出する天然水。あの銘焼酎「霧島」の蔵元もふるさとの味わいですのでお供のメインディナーとしてご相伴もよいでしょう。雄大な自然で飼育した畜産豚の5種類のバラエティーセットです。

  • 肩ローススライス 280g×1P
  • 豚ローススライス 570g×1P
  • 豚バラスライス 700g×1P
  • 豚小間切れ 700g×3P
  • スペアヒレカット 150g(スペア120g、ヒレ30g)×1P

畜産業と銘酒のふるさと・宮崎県都城市について

都城市は農業だけでなく畜産業に関しては何と産出全国第一位という養豚の盛んな地域です。もちろん鶏や肉牛の肥育も盛んですが、地酒もふるさと納税のラインナップに載っていますので是非ご検討いただければと思います。とれたて野菜と合わせて乙な一杯も素敵です。

おすすめの「豚肉」一覧

せっかくのふるさと納税返礼品ですので、是非普段は手にはいらない、ご当地の名産味噌や醤油で味付けした特色豊かな「ご当地豚」を取り寄せて味わうのもひとつです。放牧したり手間隙かけた配合飼料や青果を餌に育てたご当地の風土を感じるブランドの逸品も希少です、是非そちらも合わせてお選びください。