ふるなびでAmazonギフト券GET、楽天でポイントGET、ふるさと納税で得しちゃう方法は?

ふるさと納税のポータルサイトを利用すれば得をする!

ふるさと納税を利用すれば実質2000円の負担金でお得に返礼品を受け取ることができ、更には翌年の住民税を控除することができると、嬉しいこと尽くしなので年々利用する人も増えてきています。

このようにふるさと納税を始めるだけでお得なのですが、ふるさと納税のポータルサイトを利用すれば更に得をすることも可能なのです。

これからふるさと納税を始める上で知っておくと得をするお役立ち情報を紹介していくので、是非参考にしてみてくださいね。

「ふるなび」ならAmazonギフト券がもらえる

「ふるなび」は以下の条件をクリアしていたらAmazonギフト券がもらえる特典もあります。

  • ふるなび会員(登録無料)にご登録済みでログインされた状態で行われた寄附
  • ふるなび関連サービスのサイト上から行われた寄附
  • クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

「ふるなび」を利用してふるさと納税を行い、条件をクリアできていれば、寄附金額に対し1%のAmazonギフト券 コードが教えてもらえるという形になります。

Amazonギフト券 コードをもらえる回数に上限はないので、「ふるなび」を利用した分だけお得になるというシステムです。

ふるさと納税とは直接関係のないAmazonのギフト券が受け取れるというところも嬉しいですよね。

近年は、日用品は全てAmazonで賄っているという人も少なくないほど、Amazonを利用する人が増えてきています。

ドラッグストアよりもAmazonで購入した方が安く購入できる場合も多いからです。

条件さえクリアしていればギフト券が受け取れるのであれば、せっかくの機会なので是非活用していきたいところです。

他にも「さとふる」にレビュー投稿をしたらそれだけで200円分のAmazonギフト券 コードがもらえたり、時期によっては1%ではなく、3%にポイントバックがアップすることもあるので、情報をしっかり集めて利用してみてください。

お得な「おせち料理」をふるさと納税で!定番から激レアまで様々な返礼品をご紹介 絶品手作りローストビーフもふるさと納税で、返礼品「ローストビーフ」のおすすめを紹介 ふるさと納税でAmazonギフト券を手に入れる方法【2019年版】

「楽天ふるさと納税」なら楽天ポイントも!

「楽天ふるさと納税」を利用すれば、通常の楽天を利用した時のお買い物と同様に楽天ポイントが貯まります。

定期的に楽天で開催されるスーパーポイントアップキャンペーンにも適応されるので、更にポイントバックが見込めます。

ふるさと納税の寄付金はまとまった金額のことが多いのでポイントバックの率があればかなりポイントが貯まりますよね。

元々楽天はポイントがかなり貯まりやすいことで知られているので、是非ふるさと納税の申し込みも活用してポイントをザクザク貯めていっちゃいましょう。

楽天は「お買い物マラソン」と称して、何軒か買い回りをしていくにつれて、受け取れるポイントがアップしていくという仕組みが取られていることも多いので、事前にポイントアップ期間を調べておくのがおすすめです。

そして、その時期を狙ってふるさと納税の申し込みをするのはもちろんのこと、他の楽天でのお買い物も併せてして、ポイントを最大に受け取れるようにしていきましょう。

また、ふるさと納税の寄付金を楽天ポイントを利用して行うこともできるので、負担金を少なくすることもできるのが嬉しいですね。

ふるさと納税で得しちゃおう!

ふるさと納税は元々豪華な返礼品が受け取れたりとお得なのですが、ポータルサイト独自のサービスを活用すれば二重にお得になっちゃうことが分かりました。

せっかくふるさと納税を利用するのであれば、受けられる特典は全て受け取った方がいいですよね。

個人的におすすめなのは「楽天ふるさと納税」です。

ゲリラ的にポイントアップキャンペーンが行われることがあるので、こまめにチェックをしておくことをおすすめします。

私が見たことのある最大ポイントは44倍です。

普段は200円ごとに1ポイントが加算されるのですが、44倍時なら1万円の寄付金でポイントが貯まることになるのでとてもお得にポイントが貯まっていきますね!

ふるさと納税を申し込むときに気を付けたいこと

ポータルサイトを利用してふるさと納税を申し込む場合に気を付けたいことは、名義人を全て同一にしておく必要があることです。

ふるさと納税の申し込みの名義も、クレジットカードなどの支払人名義も同一にしておかないと、ふるさと納税の寄付が正確に処理できない恐れがあるからです。

返礼品を申し込む際の住所も、自分が住んでいるところと同一の住所にしておきましょう。

ワンストップ特例制度などを利用する際に、受け付けした自治体は申し込んだ住所を基に手続きを進めていくので、正しく手続きを完了させるためにも間違いのないように申し込みをしてくださいね。

まとめ

「ふるなび」や「楽天ふるさと納税」を利用すれば、更にお得にふるさと納税を利用できることをお伝えしてきました。

「ふるなび」なら利用金額に応じたAmazonギフト券がポイントバックされたり、「楽天ふるさと納税」なら楽天ポイントを受け取ることもできます。

是非こうした情報を活用して、よりお得にふるさと納税を始めていきましょう。