【2019年版】ふるさと納税のおすすめアウトドア用品をご紹介

ふるさと納税で貰うアウトドア用品の特徴 

ふるさと納税で貰うことができるアウトドア用品の特徴として、水やチェア、充電式ラジオなどアウトドア以外でも、例えば災害時などに常備しておきたいものが多いのです。 

また全体的に高額の商品が多く、高額の寄付をすることができます。ふるさと納税は寄付をすると、住民税が控除されるなどメリットがあるのです。寄付をした金額から2,000円を引いた額が、翌年に収める必要のある住民税や所得税の控除(所得税は還付になります)となるのです。 

アウトドア用品の相場 

ふるさと納税で貰うアウトドアの相場は高いものが多いため、寄付金シミュレーションを使って控除上限額を知っておくとよいでしょう。簡単に目安となる控除上限額を知ることができます。 

アウトドア用品の代表例紹介 

アウトドア用品は様々な道が必要となります。なかでも、ワゴンや充電式ラジオ、水、炭、チェアなどアウトドアに必要なものの多くはふるさと納税にて受け取ることができる商品が多いのです。 

コールマン ワゴン 

アウトドア製品を多く扱っているコールマンの製品です。アウトドアをする際荷物が多くなるのですが、一度に多くの荷物を運ぶことができるワゴンがおすすめです。アウトドアメーカーの老舗であるコールマン製のため安心です。※2019年8月時点では取り扱いなし 

充電式ラジオ 

アウトドアをする時に必要な、天気予報などを聞くことができるAMとFMの両方を聞くことができるラジオです。ソーラーやUSB、手間しにて充電をすることができ、アウトドアとして以外でも、災害にあった時などにも使うことができるのです。 

水 

段ボールから直接注水口を引き出すタイプのため、ペットボトルのようなゴミになるわけではありません。またミネラルたっぷりの天然水であり、体にも良い商品です。アウトドア以外にも、災害時に備え常備しておくこともできます。 

炭 

外で火をたく時に必要な丹波の黒炭は、防カビや湿度調節、脱臭など普段使いもできるすぐれものです。そのため炭が残ってしまっても、使いまわしが効く優れものなのです。アウトドアで使う時は、着火が早い上に火持ちがよいため風が強い日でも安心です。 

チェア 

アウトドアに必要なチェアあり、ハンドメイドでできているため質もよく長時間座っていても心地よい座り心地を提供してくれます。パーツごとにばらすことができ、持ち運びができることも特徴です。耐久性にも優れており、158Kgまで荷物を載せることができます。